元日本代表・憲剛&大久保がキャプ翼必殺シュートをやってみた!動画あり

スポンサーリンク

Jリーグと伝説のサッカー漫画「キャプテン翼」が

コラボレーションする「Jリーグ×キャプテン翼 DREAM SHOOT」の

第2弾映像が5月1日より公開となったようですよ。

 

このコラボレーションは、「キャプテン翼」の漫画に登場した

必殺シュートをJリーグの選手が「やってみた」企画です。

 

今回は川崎フロンターレの中村憲剛選手と大久保嘉人選手が

ワールドユース編に登場した中国代表の肖 俊光(しょう しゅんこう)

の必殺シュート「反動蹴速迅砲」を再現してみた。

 

反動蹴速迅砲をやってみた動画

 

中村憲剛選手は、

「子どもの時に、ひょっとしたら出来るんじゃないかと

思っていたシュートです。二人の息が合わないとできないシュート。

まさに嘉人との阿吽の呼吸ですね。

嘉人とだからこそできたスーパーシュートですよ。

第1弾の動画再生は400万を超えたと聞いています。

目標は大きく 600 万!!たくさんの人に見てほしいです」

と語っていました。

 

大久保嘉人選手は、

「すごいものが見れると思いますよ。奇跡ですね!!

今回のチャレンジを憲剛さんとやれたのがよかった。

今のフロンターレの勢いそのものですよ!!

フロンターレの試合の中でピッチで起こる可能性も秘めていると思います。

ストライカーとして、試合の中でチャンスがあれば

実現したいシュートです。楽しみにしていてください!!」

とコメント。

スポンサーリンク

ネットでの反応

「すごすぎますよwさすがjリーガー」

「これはすごいなぁ。わくわくがとまらない!!」

「CGの技術すごいな~、びっくししたわ」

「CGでもおもろいからいいわ」

「CGってwwやれるに決まってんじゃんww

中学生でも凄い人はできるんじゃね!?」

「CGだとは断定しないけど、0;38;24のあたり、

スタビライスした映像で見ると1164フレーム目のボールの弾道が

弧を描かずに急に鋭角に上に向かってる。

ユンケルのイチローもそうだけど、

バイラル広告は好きじゃない。」

 

なんて意見がありましたよ。

CGかCGじゃないかは分かりませんが、

個人的には懐かしく、おもしろい企画だと思いますね!

 

そもそも反動蹴速迅砲とは?

hanndou

 

相手のシュートを蹴り返し威力を倍化させて相手ゴールを狙う

必殺シュート。蹴り返したシュートが強力であると、ボールは龍へと変貌する。

 

ちなみに、作中ではセンターサークル付近から撃った

日向くんの雷獣シュートを跳ね返し、ゴールを決められます。

SGGK(スーパーグレートゴールキーパー)である若林くんにとって、

ペナルティエリアの外からゴールを決められたのは初。

「このゴールネットと一緒に、俺の心にもポッカリ

穴があいちまったかんじだぜ」は名言。

 

実際の試合にあった反動蹴速迅砲

images (61)

 

スペイン代表のMFセスク・ファブレガスが再現していたようです。

2010年9月18日に行われた2010-11イングランド・プレミアリーグ第5節、

サンダーランドAFC対アーセナルFC戦の前半12分、

サンダーランドのDFアントン・ファーディナンドにプレスをかけた

セスク・ファブレガスですが、

ファーディナンドのクリアが右足に当たり、

そのままゴールに吸い込まれる珍ゴールがあったそうです。

 

残念ながらYouTubeにあげられていた

動画は削除されて見ることはできませんが、

探したらどっかにあるんですかね?

スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ