瑛太×松田龍平W主演の「まほろ駅前狂騒曲」キャスト&公開日紹介!

スポンサーリンク

大人気俳優の瑛太さんと松田龍平さんがダブル主演する

人気シリーズ最新作「まほろ駅前狂騒曲」が、

10月18日に公開されることが決定しました。

 

他のキャストも明らかになり、

特報映像とポスタービジュアルも お披露目されたようなので

ご紹介いたします。

 

まほろ駅前シリーズとは?

まほろ駅前シリーズとは、 文藝春秋、週刊文春より出版されている

三浦しをんによる小説作品です。

第1作目は「まほろ駅前多田便利軒」

ちなみに第135回直木三十五賞受賞作品。

瑛太さん×松田龍平さんW主演で 2011年4月に映画化されています。

 

第2作目は「まほろ駅前番外地」

2013年1月にテレビドラマ化がなされていて、

主演の瑛太さん、松田龍平さんをはじめ

一部キャストは映画版から引き続きの出演となっています。

 

「まほろ駅前狂騒曲」はシリーズ第3作目になります。  

スポンサーリンク

原作者「三浦しをん」他の作品は?

原作者の三浦しをんさん

まほろ駅前シリーズ以外の作品として、

2009年10月に小出恵介さん、林遣都さん主演で映画化されている、

「風が強く吹いている」

2013年4月に松田龍平さん主演で映画化されている、

舟を編む」等があります。

 

結構映像化されているようですね。

まほろ駅前のあらすじは?

第1作のあらすじは

東京郊外の地方都市“まほろ市”で便利屋を営む多田(瑛太)と

正月に転がり込んできた同級生・行天(松田)が、

クセの多い顧客たちからのきな臭い依頼にかかわるうちに、

人生に希望を見出していく姿を描く。

という内容のです。

 

今作では、行天の娘を1ヶ月半預かることになり、

幼児期に虐待を受けて、トラウマを感じる行天。

自分の過去と同様な境遇の小学生との遭遇。

「正しいと感じることをしろ!だけど、

正しいと感じる自分が正しいのか疑え!」

駅前での大騒動、

娘・はるちゃんとの別れ、

キャラクターそれぞれが、絶妙に絡み合い

物語を紡いでいく。

という内容になります。

 

主演二人が語る「まほろ駅前狂騒曲」

ダウンロード (73)

松田龍平さんは

「ドラマはオリジナルでコミカルな部分が多かったけれど、

映画は原作にある硬派な部分が多い。

そういう意味でも、

テレビをやったことが良い意味でフィルターになっている」

と語っていました。

 

ダウンロード (74)

瑛太さんは

「前作よりエンタテインメント性が

強いものになる気がしている。

すでに僕の頭の中では、行天のおとぼけ、バスジャック、

拳銃などが出てくる予告編が流れている(笑)。

ドラマをやったことで『まほろ』の知名度も

大きく上がったと思うので、期待値を上げて見てほしい」

と語っていました。

他キャスト紹介!

シリーズ全作に登場している

若き裏番長・星役の高良健吾さん

麿赤兒さん、松尾スズキさん、大森南朋さん、岸部一徳さんらが

顔をそろえるほか、

劇場版1作目で行天の元妻役を演じた本上まなみさん。

真木よう子さんと新井浩文さんがドラマ版から続投。

新キャストでは、すでに俳優の永瀬正敏さんが、

行天の過去の秘密を握るキーパーソン・小林を演じる。

行天の娘・はる役に、映画「100回泣くこと」の子役、

岩崎未来ちゃんが抜擢されています。

ベテラン女優・奈良岡朋子さんが、

原作ではおなじみのキャラクターで

映像化作品には初登場となる曽根田のばあちゃん役を演じるようです。

 

公開されるのが待ち遠しい

映画「まほろ駅前狂騒曲」に注目です!!

 

スポンサーリンク

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ